エモーションアンフィニマンシトロン@ピエールエルメ

レモンジュレにレモンコンフィが私の好みと認識したので、フェティッシュシトロン2品目はこちら♪

エモーションアンフィニマンシトロン(864円)です。

いかにも涼しげ。ふるふるのジュレに心もふるふる♪

ぱくり。

!!!

めっちゃ濃厚!

こちら、下3分の1程を占めるレモンクリームがアンフィニマンシトロンと同じものでありながら量的にガツンと濃厚です。はっきり言って重い!

中央にはサイコロ状のレモン入りサブレ、同型のレモンコンフィ、その上にレモン風味シャンティクリーム、一番上がフレッシュレモン入りレモンジュレ

見た目爽やかなレモンジュレはほとんどクリームに負けており、甘さも酸味も昨日のアンフィニマンシトロンよりエモーションのほうが強いです。
真ん中のサブレ片は、薄いビスキュイで上下のクリームから保護されてはいるものの湿気ってちょっともしょっとします。でも、エルメって土台のタルトやサブレは秀逸なのに、この角切りサブレやシュー生地はいつもなんか湿気ったような生地なんですよね。

む~ん、エルメのエモーションは脂肪分高めでtryしては玉砕することが多いことは分かってはいたのですが、季節がらテーマがら、さっぱり食べられるかなと思ったのですがやっぱり私には合わなかったですね。
ひとまず個人的には今月のフェティッシュシトロン打ち止めです。

来月9月11日から始まるフェティッシュマロンは、洋梨と栗の組み合わせのオマージュや、抹茶とパッションフルーツと栗の組み合わせのサラ、モンブランからのピックアップ。
こちらのほうが楽しみです。
栗スイーツは、基本的には和栗使用でパティシエさん達それぞれの、日本人ならではの思い入れが光るお品のほうが惹かれるのですが、エルメは素材を活かすというより組み合わせの面白さが有るのですよね。

ごちそうさまでした。