ヴィーガンブルーベリーココナッツケーキ@ローズベーカリー

ローズベーカリーでは、西多摩地域で新規就農した非農家出身の生産グループ「東京 NEO-FARMERS! 」の若い生産者さん達が作ったミニトマトやブルーベリーのメニューを期間限定で展開中。

そんな中の一品。

ヴィーガンブルーベリーココナッツケーキ(669円)です。

見た目はかなりがっつりブルーベリー。ブルーベリーって初夏って感じしますよね♪

ぱくり。

う~ん…。

カシューナッツとココナッツミルク、ココナッツオイルをベースにしたフィリングはやわやわです。口で蕩けるというより元から蕩けている感じ。味的にはかなりココナッツの甘さが有りますが、それに増してクルミとデーツで作られたタルト台がデーツ由来の強い甘さ。食感的にもクルミカリカリで全体的にもタルト台が味の中心になってしまっています。

フィリングはかなりぼやけた味で、視覚的にはかなり使われている筈のブルーベリーもイマイチ生きて来ていません。これは、辛うじて生産者さん達の存在のアピールにはなっても生産物のアピールにはならないのではなかろうか…。

素材を生かすならシンプルに、定番のパンナコッタのソースや本体に使ったり、コンポート仕立てでスコーンやワッフルやパンケーキに添えるようなほうが良かったんじゃないかな~。

まあ、いつもと違うタイプのアイテムを出したかったのかもしれませんが、生産物の味のアピールという大前提とちょっとずれたかも。

他にはレモンとブルーベリーのロールケーキ、
ミニトマトのオープンサンド、来月からはブルーベリーのチーズケーキが出されるそうなので、それらではローズベーカリー×生産物が、相乗効果を生み出すことを期待してます。

ごちそうさまでした。