ラ・ポンム@タダシヤナギ

新宿高島屋パティシェリア。今年もお世話になりまする。

日本人の味覚にフィットするお菓子作りを目指すタダシヤナギで、今回チョイスしてみたのがこちら。

ラ・ポンム(638円)です。

リンゴのお菓子って大好きです。

ぱくり。

!!!

予想以上に溢れるリンゴの爽やかさ。
紅玉のコンポートがたっぷり入ったリンゴクリーム、アーモンドビスキュイ、シナモンクリーム、シナモンサブレの構成で、私の大好きなシナモンもしっかり香ります。

ああ、これはまさしくアップルパイをモチーフにしたガトーですね。

しかも見て下さい!
トッピングも甘栗がころん、薩摩芋とリンゴの組み合わせに見られるような、でんぷん質の甘味とリンゴの爽やかな甘味は相性抜群!
栗自体も飾りや引き立て役に留まらず天津甘栗ならではの濃ゆい甘味。
いいですねいいですね、(終わってるけど)正月は(何でか知らないけど)栗食べる風習ですよね。
しかも更に見て下さい!
赤いプチプチ、よく有る茎ヨレっている赤スグリの実ではなくてザクロなんです。
いいですねいいですね、女性ホルモン、ドパッと出そうで。

「日本人の味覚にフィット」の文言に、脂肪分、糖分、洋酒、香料控え目…、のような「控え目」発想しか浮かばなかった私ですが、いえいえ、確かに軽めですが、日本人好みの素材感を活かしたガトーと言えます。そしてシェフの遊び心にこちらも楽しくなりますね。
そう言えば、前回食したかぼちゃのモンブランも絶品でした。

全体的にお値段お高め。サイズと、良くも悪くも食べ応えの無さから見るとCPはあまり良くなく、強烈なインパクトがあると言う訳ではないですが、安心感のあるお店ですね。

ごちそうさまでした。