オートンヌ@ノリエット

栗と言えばモンブラン…のイメージが強い洋菓子部門。
が、ノリエットにて、こんな硬派で乙女(謎)なガトー発見!

オートンヌ(518円)です。

木葉のクッキーが素朴ながら生地感も雰囲気良く、うっすらとしたパウダーシュガーと微かに散らされた金粉が、新雪に木漏れ日が降り注ぐ初冬の大地を彷彿させます。

ぱくり。

!!!

洋酒の効いたマロンクリームが凄く美味しい!

とにかく栗の旨味を活かしつつ洋酒がしっかり輪郭を為すそのバランスが秀逸です。ほろほろとした堅さも私好み。

生地に挟まれた黄色味の強いクレームブリュレはまるでバタークリームのような濃厚さ。散りばめられたマロン片のコロコロ食感も面白し。

そしてそう!何と言ってもこれらを支えるアーモンド生地が秀逸です。しっとりと洋酒を含みほろりとした口溶けながら巷のスポンジ生地には無い味の深さ。

全体として、ミゼラブルのマロンバージョンとも感じられます。

飾りの木葉クッキーは、本体とは打って代わって粉々しく甘さより塩味寄り。栗を模したチョコは実はチョコガナッシュを纏ったマロンクリームより濃いマロンペースト。

色合い地味目ながらこれは芸術的なガトーです。
お値段的にも間違いなくリピート決定ですね♪

ごちそうさまでした。