アルカンジュ@マ・プリエール

三鷹駅から徒歩10分。
私が住むワンルームアパートほどの売り場面積というこじんまりしたパティスリー、マ・プリエールがあります。

町のケーキ屋風の佇まいながら、シェフは100種類以上のクーベルチュールを使い分け、世界的なコンクールでも多くの受賞歴を持つショコラティエ

が、基本的にチョコレートが好きではない私。
名前を聞きつつも今までスルーして来たのですが…。

新宿高島屋パティシェリアにて出会いましたのがこちらのガトー。

アルカンジュ(561円)です。

こちら、マスコバド糖を使用したラム酒のムースとコーヒーとチョコレートのムース、マロンムースの組み合わせということ。抹茶スイーツは言うまでもなく、コーヒースイーツにも目がない私。
思わずお買い上げ。

ぱくり。

!!!

めっちゃコーヒー!

普通、チョコレートと合わされてしまうとコーヒーの味が消されてしまいがちですが、こちら一口目から思いっきりモカ香ります。

断面図。

割りと世の中、あ、ここがこの味というのがはっきりしているケーキが多いのに対し、このケーキは非常にその境目が曖昧です。
全てが溶け合って一つになっており、マロンもラム酒も単独の味は表には出て来ませんが、コーヒーの風味に絡み重層性を持たせています。そこを重厚なブラウニー生地の食感ががっしりと支え、パールシュガーのサクサク感が楽しく、薫り、味、食感と、非常に立体感のある逸品です。凄く気に入ってしまいました!

が、こちらのケーキ、期間限定品でそろそろおしまいだそう。
そんなぁ~。

あるうちもう一回はぜひ食べたい。
新宿よりよっぽど近い本店にもぜひ行かなくては。

ごちそうさまでした。