フラン@メゾンカイザー

メゾンカイザー3品目はこちら♪

フラン(324円)です。

初めて食べたピエールエルメのフランが美味しかったので、フランがかなりマイブーム。
とはいえなかなか売っていないので、ほかにはル・グルニエ・ア・パンでしか食べたことがありません。因みにエルメとグルニエはかなり似た味でした。

こちら、メゾンカイザーのものは見た目からして上記2品とは違っています。
まず上面の焦げ目が無くて綺麗にツヤツヤ。
バニラビーンズも見えますね。
しかも、お皿に移そうとするだけでフルフル頼り無げに震えてまるで恐がりの子リスのよう。なんかぐっと来ます。

ぱくり。

!!!

卵黄のコクは控え目ながら、卵らしいまろやかな甘味とバニラの香りならではの甘やかさに思わず頬が弛みます。
卵で固めたというよりゼラチン質で、見た目通りにプルップル。いい意味で水分値が高い感じです。
土台はミッシリとしたパイ生地で、ハラハラ感はほとんど無く、薄いにも関わらず引きの強い生地、かなり独特ですが甘味もありこれだけでも美味しいです。

むぅ…。

なんと今まで食べたフランの中で一番気に入ってしまいました。

いやいや、メゾンカイザーはパンでしょと思っていましたが、まさかケーキがこんなにツボだとは。

最近はベーカリーのケーキが熱いです。

ごちそうさまでした。