志″満ん草もち@志″満ん草もち

人間は何て我儘なのでしょう。
秋に春を希うとは。

日本は何て裕福なのでしょう。
ド庶民の私がそんな贅沢を享受出来るとは。

はい、それはこちら!

志″満ん草もち(1100円)です。
蓋を開ければカパッ。

餡入り4つ、餡なし3つの組み合わせ。
「もち」と書いてありますが、原材料は上新粉なので正確には団子ですね。
因みに米は国産表記。きな粉は表記が有りませんでしたが問い合わせてみたところ北海道産とのことでした。

それでは餡入りからいただきます。

ぱくり。

!!!

蓬!(当たり前)

久しぶりの蓬は紛れもない懐かしき清々しさ。流石に春には及ばないかもしれませんが、充分に薫り高いです。
噛み応えがかなり強く、顎の強い私ですら多少疲れる位腰が有ります。
餡はさらりとしたこし餡でかなり甘さ控え目。餡好きの人にはちょっと個性が薄すぎて物足りないかもしれません。

そして餡なしのほうにはきな粉と白蜜をかけて食べるのですが、この白蜜をまとったきな粉が砂糖のようにジャリジャリと。この食感がまた堪りません。
このねっとりとした甘いきな粉蜜をたっぷり草もちにつけて食べるとまさに至福。
が、きな粉の芳ばしさが蓬の香りを凌駕してしまうのが秋の蓬の限界でしょうか。

蓬の香りを楽しむのなら餡入り、和菓子として楽しむのなら餡なしが宜しい感じです。

抹茶スイーツも好きですが、蓬スイーツも大好きです。日本の緑は有難いものですね。

ごちそうさまでした。