キャラメルパンプキンパイ&パンプキンプリン@ベーカリー&レストラン沢村

新宿newman駅ソトの、行列が出来る人気店、ベーカリー&レストラン沢村。
こちらで見つけたのがこちら♪

キャラメルパンプキンパイ(561円)です。

タルトのごつっとした感じがいかにもベーカリー風です。

ぱくり。

!!!

めっちゃキャラメル!

思いっ切り苦味の効いたキャラメルががつっと来ます。正直パンプキン全然分かりません。
しかも、下のパンプキン層だけを試しに味見してみても、キャラメルの苦味とのバランスを取ろうとするかのように砂糖の甘さが前面に出ておりかぼちゃの風味が薄いです。

これはちょっときついかも…。

けれど、それは単に私の嗜好の問題かもしれません。
このキャラメル味、いわゆる「好評価のキャラメルスイーツ」と同じ味わい。私の苦手な味なんですね。
つまり、大人な苦味の効いたキャラメルが好きな人だと評価は全然違うものになるのかもしれません。

因みに同店ではパンプキンプリン(507円)も有りました。

こちら多少かぼちゃ感は有るものの、やはりカラメルソースが濃くて量も多いです。

ベーカリーのケーキって、勝手に甘さ控え目で菓子パンの延長な感じのもののようなイメージが有ったのですが、こちらはそうではないようです。

今回はかぼちゃスイーツだけしか買いませんでしたが、そのうち本道のパンも買ってみないとですね。
あれだけの集客力がある店の、魅力を理解出来ないのは哀しいです。

ごちそうさまでした。