フラン・デザマトゥール@ピエールエルメ

ピエールエルメのラインナップに一際シンプルなこんなコ発見。

フラン・デザマトゥール(648円)です。

プリンに似てますという店員さんのご説明でしたがそこまで別にプリン好きではないし、ピエールエルメでここまで素朴系というのも如何なものかとは思いつつ…。

ぱくり。

!!!

う、美味い!

予想を遥かに越えた衝撃的な味わい。
卵のピュアな旨味が全開です。

オーブンの直火に炙られた表面のたんぱく質膜をぷつんと破れば、中から現れるフランクリームは目にも鮮やかな菜の花色。
フォークですくえば葛を思わせる軽いねっとり感。そして卵ならではの軽やかな弾力性。

プリンのようなカラメルソースや、焼き込みフルーツフィリングが無いことはこのフランでは寧ろプラスに効果的。まろやかな甘さとどこまでも純粋な味わいに心がとろけて行くようです。

更にパイ生地は単なる台座では収まらない、これだけでも芸術の粋を尽くさんばかり。層の厚さ堅さや焼き加減、重なり具合、粉とバターから溢れる密々しい甘味。こういう言い方は何ですが、歴史的文化的に日本人とフランス人とは根本的に、粉への執着が違うような気がします。

カロンの魅力はどうも理解出来ない私ですが、ピエールエルメのスイーツは結構カテゴリーが様々なので、ヒットも多くて楽しいですね。
こういう分かりやすい(笑)スイーツをもっと出して欲しいです。

ごちそうさまでした。