パリブレスト・オ・マロン マッチャ@サダハルアオキ

まだまだ続くonlyMI日本初登場。お次はこちら~。

サダハルアオキのパリブレスト・オ・マロンマッチャ(690円)です。

サダハルアオキのケーキは私個人の評価としては、全体的に甘く濃厚。そして色がけばくて高い。
普段は敢えて手を出すことは無いのですが…。

今しか食べられないに流されました(笑)。
何せ大好きな抹茶ですし。

はいカーット!

ぱくり。

!!!

濃ゆい!

マロンペーストは残念ながら加工品の洋栗マロンペーストとのことですが、それだけに凝縮されたまさに洋栗全開の濃厚さ。逆に生クリームモリモリタイプでない分、私的には食べやすいです。
そしてこれだけのマロンペーストに負けない抹茶クリームが圧巻!有りがちな色だけ抹茶、ではなくしっかり抹茶の苦味と香り。これは凄い!

更にシュー生地、私、実は基本的に、シュー生地というものが美味しいと思いません。何か乾いてる生地だなって感じて、多分私好みだろうと試す歯応え有りげな焼きの強そうなシュー生地でも、結局必要性が感じられないんですよね。

ところがこちらのシュー生地は、一瞬また残念かと思う程一瞬柔らかげな噛み心地を与えつつ驚く程さっくり歯切れ良く、咀嚼とともに染み出す甘味、ドライながら瑞々しい焼き加減、これだけでも美味しいです。
パイシュー生地、クッキーシュー生地のようながっつり硬派なシューの中にこそ、私の好みにフィットするものが有るのだと思って来ましたが、まだまだ自分の好みというものは分からないものです。今回のシュー生地はフィリングとの一体感も素晴らしく口の中で違和感なく溶け合います。
いやはやシュークリーム(いやパリブレストだけど)というカテゴリーにおいて、ここまで納得の行く逸品に、まさかサダハルアオキで出会うとは。

ただ、やはり本体だけでもかなり甘さが強いので、デコられたマロングラッセは余計かな。
それにヘーゼルナッツもそれを食べた途端に味の全てがヘーゼルナッツになってしまうので、こちらも個人的には要らん感じです。

ただ、こういうところもサダハルアオキのサダハルアオキらしさというものかもしれませんが。

ごちそうさまでした。