栗粉餅@とらや

とらや最後の一品は、栗菓子一番人気という栗粉餅。
ずっと気になっていたお品、この機会に頂いてみましょう♪

さてさてぱくりと行く前に。

断面図です。

おー…。
外見だけでなく、中までイガ栗を模してあるのですね。可愛らしいです♪

ぱくり。

!!!

栗溢れる!

もう思いっきり期待以上に栗栗栗の香りが口いっぱいに広がります。栗そのもの以上に栗!

使われている栗は茹で栗ではなく蒸した栗。それだけに栗の味も香りも余さず生かされます。
まわりのそぼろはそんな栗と白餡を丁寧に裏漉しして合わせたもの。白餡と合わさることにより生まれるほろほろと崩れる食感がまた理想的。

中央のこし餡を包む薄い求肥が瑞々しく舌に絡み、瞬時、栗だけに惹き付けられていた意識を覚醒させつつ滑らかなこし餡へと繋ぎます。が、ここでは小豆はたおやかに栗を支えることに徹し、最後に余韻だけを残します。

栗を栗だけに終わらせない、芸術としての栗菓子ここに有り。

こちら初出は何と元禄13年。そんな時代にこれだけの意識が菓子作りに持たれていたなんてすごいことです。
そしてそれを尊ぶ人が受け継ぐ人がいたからこそ、時代を越えて私達の心に今も、感動を与えてくれるのですね。とらやの和菓子、もっと色々識りたくなります。

ごちそうさまでした。