オインゴ@ラヴィルリエ

抹茶スイーツ第2弾です。
こちらはその名もオインゴ。

上層のイタリアンメレンゲは始めからかなり波打った状態。大阪からの移送中に、どうしても全てこうなってしまうとか。
デリケートですね。

ぱくり。

!!!

オ、オレンジ?!(デジャブ…笑)

視覚から予想はされますが、大部分を占めるオレンジムースがかなりの酸味と特有の苦味を伴って口に弾けます。
下層の抹茶ガナッシュは、一口目では認識出来ないほどその味は強烈。

…。

またしても解体し始める私(笑)。

オレンジ部分はムースのみならずオレンジジャムの薄い層もあり、ここがかなり効いていますね。
抹茶ガナッシュは柔らかなムースに比してがっつり硬め。が、味的には良くも悪くも抹茶の苦味がほとんど感じられず、抹茶好きには物足りない感じ。かなりホワイトチョコ(?)の割合が多いような気がします。その中にはチョコレートクランブルが敷き詰められて、むしろこちらの甘い味が優勢です。

オレンジ×チョコレート、抹茶×チョコレートは割りと自然な組み合わせですし、抹茶も紅茶の仲間と思えばオレンジフレーバーも有りではあります。
それに、このムースとガナッシュの硬さの大きな違いがかなり味わいに寄与しています。口の中でオレンジががつんと来た後に、噛み締めることでじんわりと抹茶とチョコが広がって行くストーリー。

抹茶を期待すると違いますが、酸味に甘味に柔らかにぐぐっと歯応え、意外性に驚かされますが、一口、もう一口…、次回が有るならまた食べたい、そんな中毒性のある、個性溢れるケーキです。

まだまだ続くラヴィルリエ!