エクリプス@ラヴィルリエ

見た目はどう見てもチョコレートケーキ。
ですが説明書きを読めばこれは抹茶スイーツであるらしい。

抹茶好きとしましては、チョコずっしりのビジュアルに一抹の不安を抱きつつも試してみずにはいられません。

エクリプスです。

ぱくり。

!!!

パ、パッション?!

何と口に飛び込んだのは強烈なパッションフルーツ
断面を確認すればミルクチョコムースの中に抹茶ガナッシュ、その下にパッションジュレの層が有ります。体積は小さいながら、パッションのこの唐突感は何なんだ?!

抹茶テリーヌ、其処だけ食べればめっちゃ美味しい。色だけの抹茶でなくてしっかり抹茶、濃厚です。ミルクチョコムースも違和感なく甘過ぎることもなくそこに在り、単体で食べればこちらも美味しい。

が、全て一緒に食べた時、パッションが合っている気がしない…。

いや、これは私の味覚の問題なのか?鴨肉にオレンジソースの食文化では、これはベストマッチの組み合わせなのか?慣れるとこれが病み付きなのか?

いやいやそれとも実はこのケーキ、パッションが主役のものなのか?

むぅう…。

ほじほじ…。

割り切ってパーツごと、三角食べを採用すると、何となく味の掴み方も分かって来るような。
が、正式に全パーツを一緒に食べると味蕾細胞を一気にパッションに持って行かれます。

さすがはラヴィルリエ東西日本文化の差異も有るのか?一筋縄では行きません。

明日に続きます。