モンブラン@カフェミクニズ

カフェミクニズにも何やら個性醸し出すモンブランを発見です。やっぱり新栗使用でないと食指が出ない私ですがこちらそれだけでなく、何と東京杉並産とか。

地産地消は在るべき姿の一つながら果たして杉並区産てどうなのか。

ぱくり。

!!!

このトップの栗、栗じゃない!
いや、栗なんですけど見た目で渋皮栗を予想していたら、クリームを栗に模しているんですね。
昨日のスモモといい、視覚的遊び心が半端ない。

クリームの中には甘露煮の栗の小さなカットも入っており、軽やかな歯触りが楽しめます。

が、驚くのはその下のマロンクリームのストリングに包まれた本体。
こちら、ほとんど焼きメレンゲなんです。
その周りに薄い生クリームとマロンクリームという構成。
このメレンゲが、齧れば本当にガリガリのハードなメレンゲ。断面を見れば内部には気泡がしっかりと入りバゲットやふ菓子のよう。それでいながら舌を口内を破らんばかりに咀嚼と共に砕け散るこのメレンゲは、私の知るサクサクメレンゲの概念を覆します。

これまた個性的なモンブランですね…。

焼きメレンゲ大好きな私としてはこれは非常に嬉しい構成。
又、元々咀嚼回数の多い私ならずとも、このモンブランは誰しもよく噛まずにはいられまい。そのことにより誰もが、いわゆる柔らかいクリームベースのモンブランより、マロンクリーム、生クリーム、トップを為す栗入りバニラクリームが口内で混ざり合い変化していく醍醐味をも味わえます。
勿論、栗のデンプンも咀嚼数に比例して増える唾液により分解され、唾液アミラーゼでは分解されない砂糖のインパクトのみより、更に栗自体の甘味を感じることが出来ますからね。

マロンクリームは紐解いても完全なストリング形態を保つ栗そのもの。甘さというより高密度な旨味を感じます。
甘味の構成としては、上部のバニラクリーム&栗甘露煮が一番、というかかなり強く、甘味控え目な本体に沿わせながら食すバランスですね。
もう少しバニラクリームが甘さ控え目のほうが私好みですが、昨日のタルトプリュヌといい、カフェミクニズ、私のツボを突いて来ます。

気温も下がって来ましたし、店員さんが熱く語ってくれた、自家製プラリネを使った系のどっしり系ケーキにも(ナッツそのものは好きでもペーストになっている重い系は苦手な私)チャレンジしてみたいかも。

ごちそうさまでした。