和栗のモンブラン@ラ・プレシューズ

注文を受けてからクリームを絞る出来立てモンブランで有名なパティスリーの一つ、ラ・プレシューズで今年も始まりました。

和栗のモンブランです。

梱包形態も含め何とも立体感あふれるフォルム。
期待が高まります。

ぱくり。

!!!

栗、香る!

正直、和栗は外国産より風味が薄いイメージでしたが、こちら淡いながらに和栗の風味がしっかりと輪郭を持って立ち昇ります。
メレンゲ、生クリーム、マロンクリームのオーソドックスな構成ながら、これは確かに一口目から際立つ味わい。

メレンゲはサクサクと軽く、視覚的にも生クリームと同色同化しながら質感が違うのが美しい。
マロンクリームは渋皮が適度に残っているのが味に深みをを持たせています。

これは流石の逸品ですね…。

かぼちゃ程には栗に執着の無い私ですが、この味との出会いは、栗スイーツの未知なる世界への好奇心を刺激されます。

ただ私には生クリームが多過ぎて、終盤メレンゲを先に食べきってしまい、生クリームと少しのマロンクリームという状況になってしまった辺りはちょっと厳しい。

ごちそうさまでした。