黒糖ラング・ド・シャと黒豆抹茶のブリオッシュ@ジュウニブンベーカリー

新宿京王百貨店
なんか迷路なつくりをしてて、あまり行かない所ですが、そんな一角にオーラを放つベーカリー発見。その名もジュウニブンベーカリー。

何でも「発酵」と「熟成」がコンセプト。
高加水が特徴とか。

看板商品は食パンだとのことですが、やはりクラストバリバリ命の私。興味が出なくてすみません。
バゲットが売り切れていたので、一番歯触りが楽しめるというものを、店員さんに聞いて買ってみました。

黒糖ラング・ド・シャと黒豆抹茶のブリオッシュです。

ぱくり。

!!!

赤ちゃんのほっぺ?!

コーティングされたラング・ド・シャ生地は薄いながら確かにサクッと私の嗜好を満たしてくれますが…。

本体が!
いや正式名称、黒豆抹茶のブリオッシュが!!

むにゅ?
ほにゅ?
もにゅ?

なんとも形容し難い、柔らかさというには密度があり、弾力というには無抵抗な、まさに(あまり触ったことないど)生まれたての赤ちゃんのほっぺたを彷彿させる満つ満つしさ。
全神経が吸い込まれていくようです。

正直、ラング・ド・シャの黒糖は焼成の芳ばしさに霞み、本体の抹茶は色味程度、黒豆は小豆大のものが点在する程度で、名前があんなに長くなるほどアピってたスペックはあまり存在感が無いのですが、それを忘れさせるほどこの食感は衝撃的です。

これが高加水というものか…。

これは新しい扉を開いてしまった感じです。

この性質のパンのラインナップのなか、自分にベストフィットのパンは何なのか、色々試してみたくなります。

ごちそうさまでした。