ネクタリンのタルト@メゾンジブレー

さあ4個目のタルトです。
スモモもモモもモモのうち。
ネクタリンもモモのうち~♪


ネクタリン、大きい!

ごろんごろんで実は一個、後ろに落ちてます(笑)。

ぱくり。

!!!

甘い!

蕩けるように甘く柔らかく、まさに熟し切った艶かしさ。桃に確かに通じる味わいでいながら桃にはない、皮と果肉の間からくちゅっと染み出す酸味がまた堪りません。

実はネクタリンって、あまり意識していなかったけど、タルトにすごく合う果物だったんですね。
それだけでも美味しいですが、タルトの甘さや芳ばしさをがっちり受け止め、相乗効果を生み出す秘めた実力者。
単体で食べるとおやつレベルにとどまってしまうネクタリンですが、手を掛け磨き上げショーケースで輝くマイフェアレディな逸品に仕上げられるのがシェフの力量。

しかとその姿、受け止めさせて頂きました。

まだまだ続く、メゾンジブレー!