クイーンニーナのタルト@メゾンジブレー

初耳です。クイーンニーナ。
直訳すれば「女王ニーナ」ニーナはバビロニア神話の水の女神の名前ではありますが、それにちなんでいるのでしょうか?

そんなお初の葡萄、クインニーナのタルト。

はい、たまにはシャッタータイミング変えてみましたー(笑)。

もうぱくりと一口食べてます。

これは、少しさっぱり気味の巨峰に近いコクの有る甘さですね。赤色葡萄にも関わらず、皮と果肉の間に全く渋味が無いのもたいしたものです。
ここまで来ると、何か葡萄とは違うものを食べているような気さえしてきてしまう。

甘さに加え、シャインマスカットほどではありませんでしたがそれなりに硬質で、咀嚼回数が増えることもあり、濃いカスタードクリームともボリューミーなアーモンドクリームとも口の中で力強く混じり合います。

うんうん、昨日に引き続き、皮ごと丸ごとポリフェノールをたっぷり摂取で女力も上がったかな?

まだまだ続くメゾンジブレー!