ドラゴンフルーツのタルト@メゾンジブレー

毎度おなじみ新宿伊勢丹マ・パティスリー。
こだわりフルーツのタルトで高名なメゾンジブレーが出店と聞けば、ゲリラ豪雨が阻もうと、愛車サジタリウス号(自転車)でGO!

ドラゴンフルーツのタルトです。

インスタ映えってやつですね。
この鮮やかな赤、いかにも中南米原産らしい原色の野性味が目を引きます。

そこでふと思えば、普段私が見たことのあるドラゴンフルーツの果肉の色って白だったように思うんです。試しにググれば、どうやら白いものは多くが外国産の未熟果であるようです。

さて、私多分、ドラゴンフルーツって初めてです。

ぱくり。

!!!

野菜?

なんか、味の薄いキウィというか、いもっぽいというか、フレッシュフルーツな気がしません。
でも、これでも白いドラゴンフルーツよりは糖度が高い筈なそう。

Google先生によればこちらサボテンの仲間でビタミン、ミネラル、食物繊維にアントシアニンまで豊富な健康フルーツ。晩夏の疲れた体にはぴったりな訳ですね。

タルト台はかなり厚くほぼモロモロとした焼き込みアーモンドクリームが主体。繋ぐカスタードクリームはかなりねっとり。後を引くことの無いコクが有りかなり美味です。

甘くジューシーなフルーツタルトを期待するとちょっと違いますが、新しい味との巡り逢いは、脳内シナプスがガンガン増えて、寿命が伸びる気がします(笑)。

メゾンジブレー続きます。