デリスマカダミア@アカシエ

ペーストではなく、カリッとした食感が楽しめるようなナッツのケーキが好きです。
アカシエにも有りました、そんなケーキ♪

f:id:hirokokko1:20180817124312j:plain


デリスマカダミアです。
またまた濃ゆそうなバタークリームではありますが、柔らかなイエローが何とも美味しそう。

ぱくり。

!!!

マカダミアナッツ、シャクッシャク!

密度高いバタークリームの中で、大きなマカダミアナッツはむしろ軽やか。
さくりと歯がナッツを割く食感が堪りません。
生地も勿論マカダミア入り、しっかりした生地そのものの食感が、こってりしたバタークリームの中でも確かな存在感があります。
マカダミアナッツ自身が軽やかに甘く、他のパーツは割りと甘さは控えめ。芳ばしさも相まって非常にバランスがいいです。

トップを飾るマカダミアナッツもココア掛けしてあり、それだけでも売り物にしていいくらいの完成度。

シャンドワゾーのミゼラブル程の口溶けの良さはありませんが、これはかなり美味しいです。

マカダミアナッツの香りがものすごく高く、それだけでアロマチック。これだけ品質の良い、ただでさえ単価高いマカダミアナッツをこれだけ惜しみ無く使いながらお一つ540円はものすごく良心的です。

それにしてもマカダミアナッツが主役のケーキって珍しいですよね。
フランスでも日本でも、そんなに身近なものではないですし。

デリスはフランス語で喜びの意味。
このケーキの誕生には何か、素敵なエピソードがありそうです。

さてさてまだまだ続きます。