サヤマニエール@アカシエ

さて二品目は、ほっぷ目のない抹茶もの…に近い緑茶もの?
名前のとおり、狭山茶を使ったガトーです。


上品な色合いが清楚です。

ぱくり

!!!

清々しい緑茶の薫りが鼻に抜けます。
成る程、抹茶には無い飛翔するような清涼感。

公式のアカシエブログによると、一番上の軽やかなクリームには「ゆめわかば」、ビスキュイには「やぶきた」のシロップ、下の濃厚なガナッシュクリームに「さみどり」という品種を使い分けて使用しているそうです。

チョコレートケーキでこのような構成をしているものは目にしたことが有りましたが、緑茶では初めて。
始めは上から一気にすくって食べましたが、ふと気付いて試しに切り分けた後に上下を入れ替え、軽やかなほうから口に入るようにしてみたら、シェフの意向には反してしまったかもしれませんが、この方が口内でバランス良く味わえるように感じました。
それに、緑茶スイーツ、これはかなり癖になります。抹茶に比べ透明感が有り、苦味を気にせず投入出来るのか、とにかく薫りの高さが印象的です。

ただ…。
やはり濃厚なガナッシュ部分が厚すぎる…。

ホワイトチョコも使用されているのでしょうか?
サダハルアオキを彷彿させる、固くて濃厚なクリームがやはり重たい。
これは、半分の量で、もう少し食べたいな、位の量で余韻に浸りたいところです。

さて三品目に続きます。