ミゼラブル@シャンドワゾー

シャンドワゾーのスペシャリテ
これを食べなきゃ人生損する?!

ミゼラブルです。


私って書き始めて自覚しましたけど、結構苦手なもの多いですね。
はい、ミゼラブルのパーツでもある「バタークリーム」が苦手です(爆)。
しかもこの猛暑で内臓もフツーに弱ってる(いや年のせいなんかじゃない絶対ない)。

パティスリーのスペシャリテって、やはりインパクトが必要なのか、ずっしりチョコ~とか、結構ヘビーなものが多いんですよね。

でもその分も考慮してかサイズも小さめ。
では此方も姿勢をただしていただきます。

ぱくり。

!!!

バタークリームが軽やか!
舌の上でまるで気化していくかのよう。
これがバタークリームならば、これまで私が知っていたバタークリームは何だったのか。

多少、持ち歩きで緩んでいたかもしれないとはいえ、この融点の低さは半端じゃありません。

そして相変わらず生地が美味しい。私好みのがっつりしたアーモンドスポンジのほろっとした食感も堪りません。

そして甘さを感じた後に来る塩味がかなり強め。
甘さを引き立てる…とかそんなレベルではありません。
そう、これは汁粉に漬物位の温度差があります。
でもあいまって頬の内側にじんわりじんわり染み込みます。

そんな驚きの連続のなか、時折弾けるラムレーズンのアクセントがまた最高のアクセント。

そしてこれまた今回の限定、ミゼラブルシトロン。

f:id:hirokokko1:20180816151349j:plain

こちらはスポンジとクリームの一体感がより強い感じです。クリームは私的にはタルトシトロンのあの味だなって感じでした。
個人的にはオリジナルに軍杯を上げますね。

それにしても、こと甘いものに関しては特に、多くの人に好評価を得る味を、作り上げて行くのって難しいだろうなと思います。
有名になればなる程、評価する母集団も増える訳ですし。
そんななか、勿論限られた予算の範囲で自分の美学を打ち出して行くのは本当に大変だろうと思います。

万人受けを基準にした大量生産スイーツも、手頃価格、どんな場所や時間帯でも巷に溢れるなかで、それでもあのパティスリーを、と求めるのは、受動的な味わいではなく、あのパティスリーの味を識りたい、あのシェフの世界観に触れたいと、私達受け手も希求するから。

今回出合ったシャンドワゾー。
全てのケーキに揺らがぬ芯が有りました。
神経を張り巡らせ、常にベストを人の感性で作り上げようというシェフの熱い想いが伝わってきて、こちらにも心地好い緊張感をもたらします。

これだから、やめられませんね。
甘いものって、心の栄養にしかならないと分かってはいるのですけれど。

ごちそうさまでした。