ロワイヤル@シャンドワゾー

お盆も半ばのこの時節、渋いブラウンの色合いが、秋の訪れを感じさせます。
艶やかな肌、なめらかなフォルム、この一品が内に秘めているものは…。

f:id:hirokokko1:20180813161110j:plain:h230:w130


ぐはっ!
スマホの影がばっちりやねん。

気を取り直してご紹介のこちら、アールグレイのケーキ、ロワイヤル。

紅茶よりコーヒー派の私ですが、それだけに非日常の味わいに期待が高まります。

ぱくり。

!!!

こ、紅茶濃ゆい!

紅茶もコーヒーも濃い目ブラック派の私。
巷の紅茶スイーツってどうしても、ああミルクティー風味だなってどこか薄いものを感じていたのですが、こちらはド・ストライクに紅茶のエスプレ。

構成は紅茶のムースに紅茶のブリュレ、最下層にはこれまた色味も一番濃ゆい紅茶のスポンジ。が、これ只のスポンジではないのかな?
なんか一般的なスポンジのような柔らかなものではなくて、若干密度高いものがぼろぼれと崩れるような食感(美味しそうに聞こえない)で、焼かれた生地特有の芳ばしさが更に、濃厚なアールグレイ感を底上げしてます。
咀嚼し喉ごしを味わう分、飲料としての紅茶より、更に紅茶を体感出来ます。

うむむー…。

これはまた、紅茶スイーツの限界をまた一つ、越えたって感じですね…。

紅茶の陽炎が立つ如く、その優しげな見た目からは想像出来ない、秘められた強さを持つ逸品でした。

さてさてまだまだ続きます。